ちゅらトゥースホワイトニングは効果なし?調査してみた

ちゅらトゥースホワイトニングは効果なし?使って分かった3つのこと!

ちゅらトゥースホワイトニング

 

自宅で手軽に歯のホワイトニングが出来るということで、絶賛人気上昇中の「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」

 

ところがある日、Yahoo!知恵袋にてこんな質問を見つけました!

 

ちゅらトゥースホワイトニングは効果なし!?

 

2週間使って、効果がない・・・と悩んでおられるようですね。

 

私から皆さんに、実際に使ってわかった、3つの真実をお伝えしたいと思います!

 

@効果を実感するまで、多少の時間はかかる!

ヤフ知恵の方は、2週間で効果を実感できなかった・・・とされています。

 

正直に言います・・・「そりゃ、当たり前だよ!」

 

というのも、クリニックで行うホワイトニングですら、最短でも1週間、長ければ1ヶ月2ヶ月かかります。
ちなみにお値段は、クリニックによって若干の差はあるものの、安くて10,000円、高い施術だと歯1本で5,000円。(全部やったら10万オーバー)

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングは確かに厚生労働省から、歯を白くするという効果・効能に期待できる、と認定されていますが
あくまで「医薬部外品」です。

 

その効果・効能は、医薬品に比べると比較的緩やか・ゆっくりであることは避けられません。

 

ちなみに、私は1ヶ月でこんな感じでした。

 

 

普通に1ヶ月使えば、ある程度、多少なりとも実感はあると思います。

 

結果を急ぎすぎないことが大切です。

 

2:歯本来の色は、真っ白じゃない!?

 

歯本来の色というものは、実は真っ白ではありません。
さらに言うと、肌の色同様に、個人によっては、白に近い人もいれば、黄色に近い人もいます。

 

そして、本来「健康な歯」は、実は黄色に近い!という真実です!

 

なぜ黄色いのかというと・・・これが歯の構造です。

 

一番外側の「エナメル質(透明〜灰色)」、中の「象牙質(黄色)」、「奥の歯隋(赤)」
この3色が混じりあった色が、あなたの本来の色です。

 

エナメル質が健康であればあるほど、エナメル質の層が厚く、透明度が高くなっていきます。
透明度が高ければ、当然、中の色も透けるので、本来であれば歯は黄色に近い色になるそうです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、歯の表面の汚れ・黄ばみを取ることは出来ますが、歯を漂白するような効果は一切ありません。
汚れが取れても、歯が黄色い気がする・・・という人は、本来の健康な歯の持ち主、と考えていいでしょう。

 

3:ちゅらトゥースホワイトニングの本領は、歯の白さだけじゃない!?

 

名前の通り、「ホワイトニング」ですから、歯の汚れ落としや歯が白くなる効果を期待するのは間違いではありません。
しかし、ホワイトニング以外にも、お口のケア全般がこれひとつで出来ていることに気付きました!

 

いつの間にか口臭対策が出来ている

ちゅらトゥースホワイトニングは、1度の歯磨きした後に使います。
正直、1度に2回の歯磨きって面倒ですが、これが非常にポイントでした。

 

というのも、歯磨きには口内を綺麗にするだけでなく、歯茎に刺激を与え、唾液の分泌を促す効果もあります。
唾液はご存知の通り、歯の再石灰化を促したり、口内の雑菌の繁殖を抑える効果があります。

 

そうです、知らず知らずにうちに、虫歯由来の口臭、口内が乾燥してしまうことでの口臭を予防できていたんです。
ただ歯磨きするだけなら面倒くさいだけですが、ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで
歯の着色汚れ落とし
歯茎を刺激を与え、口内環境を清浄に!

 

まさに一石二鳥だったのか・・・と、1ヶ月を過ぎたころから気付き始めました!

 

恐るべし、ちゅらトゥースホワイトニング・・・

 

ちゅらトゥースホワイトニングは効果があった!

 

実際に使って上です。時間は多少かかりますが、ちゃんと綺麗になったのは事実です。
ちなみにどれくらいの期間で効果があるのか、以下のページで検証しているのでよければ参考にしてみてください。

 

私のちゅらトゥースホワイトニング!口コ体験談と効果!