禁煙したのになかなか落ちない!頑固なヤニ汚れの落とし方!

禁煙したのになかなか落ちない!頑固なヤニ汚れの落とし方!

 

禁煙したけど、なかなか歯のヤニ汚れやが取れない・・・

 

禁煙すると、他人のタバコのニオイに敏感になりますが、自分がまだヤニ汚れ・ヤニ臭さがあるとなかなか禁煙した気になりませんよね^^;

 

一刻も早く、このヤニ汚れをなんとかしたい!

 

そんなあなたに、なかなか落ちない頑固なヤニ汚れの落とし方をご紹介します!

 

そもそもヤニ汚れとは一体・・・?

ヤニとは植物に含まれる樹脂のことです。植物性の油と聞くと、なんだか健康そうな感じもしますね。
現に松ヤニなどは、可燃性も高く、この燃えやすさを利用して作られるのが、松明だったりするわけです。

 

ここでいうヤニは具体的にはタールを指します。
喫煙所の壁にこびりついた独特の色、脂っこいネバつく感じ、ニオイはご存知のものと思います。

 

タバコを肺に入れず、そのままティッシュに吹きかけるとこんな感じになります。

 

なかなか汚いですね。申し訳ないです。
このネバつく樹脂が直接に歯に染み付いてしまったものが「ヤニ汚れ」となるわけです。

 

ステインになったヤニ汚れを落とすには・・・?

 

当然のことながら、この頑固なヤニ汚れは、普通の歯磨きで落とすのは困難を極めます。
少なくとも、全体に安価な市販の歯磨き粉では、喫煙期間にもよりが、まず落ちないでしょう。

 

そんなヤニ汚れを簡単に落とす、3つの方法をご紹介します!

 

歯科医で落とす

歯科医で歯を白くする、というと皆さんホワイトニングを思い浮かべますが、他にも「クリーニング」「スケーリング」と呼ばれる、歯の表面の汚れを取る施術を行うことが出来ます。

 

歯石を除去してもらう施術ではありますが、一緒に歯の表面を綺麗にしてもらえるのでおすすめです。
ただし、治療目的の場合、保険適用内で施術可能ですが、着色除去の場合のみは、保険適用外となるので要注意です。

 

プロにやってもらえる上に、歯石も除去できるの一石二鳥ではありますが、段階的な施術になるので何度か通う必要がある点は面倒くさいところですね・・・。

 

また保険適用外ではあります、PMTCと呼ばれる、ワンランク上の歯石・着色汚れ除去もありますので、是非近所の歯科医に相談されてみてください。

 

電動歯ブラシを使う

自宅でヤニ汚れの除去に取り組むなら、電動歯ブラシは持っておくべきでしょう。
値段こそ張りますが、電動ならではの回転・振動で歯にこびりついたヤニ汚れを間違いなく落としてくれます。

 

とはいえ、商品によっては全然効果を発揮しないものもありますので、間違っても安すぎるものは買わないようにしましょう。
おすすめは、ソニッケアーダイアモンドクリーンです。

 

名前の通り、歯をクリーンにしてくれますよ!

 

ステイン除去の歯磨き粉を使う

選ぶ商品にもよりますが、おそらく最も安価な方法はやはりこれです。
時間がかかる場合もありますが、ヤニ汚れ除去後も、飲食によるステイン吸着を防いでくれるので、長い目で見ても効果的です。

 

ただし、市販のものだと、研磨剤が入っているものもあるので、要注意。
研磨剤入りの歯磨き粉だと、歯を傷つけてしまい、結果さらなら汚れの原因になることも。
選ぶなら、研磨剤不使用は必須条件です。

 

おすすめは「ちゅらトゥースホワイトニング」です。
有効成分PAAが歯の汚れを浮かして剥がしてくれるので、歯を傷つけることなく、ステイン除去を行ってくれます。
他にも口臭予防・虫歯予防にも期待できる成分が入っているので、トータルケアにおすすめです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは効果があるのか?試してみた。

 

ヤニ汚れの落とし方まとめ

 

歯科医でクリーニング・スケーリング

 

電動歯ブラシで機械に頼る

 

研磨剤不使用のステイン除去歯磨き粉を使う

 

歯の汚れは見た目の印象にも大きく影響する部分です。是非とも頑張って禁煙されたあなたの爽やかな印象を取り戻せることを応援しております。

 

早く落としたいからといってくれぐれも無茶な歯磨きをしないように!
歯の傷は、更なる汚れの元になってしまいますよ!