歯 黄ばみ ヤバイ

ヤバすぎる歯の黄ばみがこんなに白く!その方法とは・・・?

ちゅらトゥースホワイトニングを使うとこうなる!

 

ヤバイくらい汚れていた歯がこんなに白くなった!

 

歯が汚れている
歯が黄ばんでいる

 

そして、その状況をヤバイ!と思っている、そこのあなた…

 

大正解です!

 

わたしも歯の黄ばみに悩まされていました・・・
しかし、あることをきっかけに、上の写真のように、歯の黄ばみがピカピカになりました!

 

 

歯が黄ばんでいると損をする!

 

まずは、ここではっきりさせましょう…

 

歯が黄ばんでいると損をします!

 

これは紛れもない事実です。ショックですよね・・・

 

歯が黄ばんでいるだけで、何故損をするのでしょうか?

 

悪印象を持たれる

 

たったひとつ、しかし重要な答えがこれです。

 

歯の黄ばみに関するアンケート|株式会社ゲイン

 

2014年のアンケートではありますが、このアンケート結果によるのであれば
歯が黄ばんでいるだけで約7割の人がイメージダウンだと回答しています。

 

そのイメージダウンの内容も酷いものです。

  • 不潔に見える
  • 好きな人でもがっかりする
  • 老けて見える
  • だらしない

 

といった内容ばかりです。

 

たかが歯一つですが、

 

見えるはずのない私生活まで勝手に想像され、悪い印象を持たれてしまうのです。

 

そして、それが事実なのです。

 

なぜ、歯は黄ばんでしまうのか?

 

ではなぜ、歯が黄ばんでしまうのでしょうか?

 

原因はさまざまありますが、大きく分けて2種類あります。

 

原因その@:歯が薄くなる

原因の一つとして上げられるのは、加齢などにより歯が薄くなってしまうことです。

 

ここで歯の構造を見てみましょう。

 

歯の構造

 

歯はこのような構造になっております。

  • 一番外側・・・エナメル質(白〜透明)
  • 内側・・・象牙質(黄色)
  • 一番奥・・・歯隋(赤)

 

本来の歯の色、というのはこの3層の色が混じって見えている色なのですが
エナメル質が硬く丈夫な状態だと、より白く見えます。

 

すりガラスを思い浮かべてもらえればわかりやすいかと思います。
しっかりと厚みがあれば、ガラスの奥にあるものは見えづらいですが、薄ければ薄いほど、ガラスの奥にあるものは見えやすくなります。

 

同じようにエナメル質が薄くなることで、その奥の象牙質(黄色)が目立ってくるわけです。

 

なお、エナメル質が薄くなる原因は様々ですが、主要因としてはやはり加齢が上げられます。

 

原因そのA:歯の汚れ

歯が黄ばんで見える、もうひとつの原因は歯の汚れです。

 

CMなどでもよく聞くようになりましたが、いわゆる「着色汚れ・ステイン」と呼ばれるものです。

 

これが先ほどの図で説明すると
歯の構造
一番外側、エナメル質に汚れがついてしまった状態となります。

 

汚れがつく要因としては非常に多くあります。

  • タバコ
  • コーヒー・紅茶
  • カレー
  • 赤ワイン
  • チョコレート

などなど・・・おおよそ毎日口にする飲食のほとんどが、多少の差はあれど汚れの原因となるといって、差し支えありません。

 

 

歯の黄ばみの原因まとめ

  • 歯が薄くなる
  • 歯に汚れがつく

 

 

どちらにしても、時間や生活と非常に関係の深いものとなります。
歳を取らない方法はありません。
食事をしないなんてことは出来ません。

 

ではどうすればいいのしょうか?

 

 

どうすれば、歯の黄ばみは無くせるのか?

 

ここでは、歯の黄ばみをどのように対処すればいいのか、説明していきたいと思います。

 

歯が薄くなってしまった時

まずは、加齢などで歯が薄くなったことにより、歯が黄ばんでいる場合の対処法になります。

 

ホワイトニングをする

一番先に思いつくのがこの方法でしょう。
ホワイトニングは歯を漂白する治療のことを指します。
基本的には歯科医・審美歯科などで行う施術で、費用は2万〜5万と割高です。
また、施術前後などは、色の強い食べ物を控えるなど、我慢が必要なことが多いです。
さらに一度施術すれば終わりではなく、色戻りも発生するため、定期的なメンテナンスが必要となります。

 

ただし、白くなるスピードは非常に速く、歯科医で直接行うオフィスホワイトニングであれば、1時間程度の施術でも真っ白な歯にすることが出来ます。

 

審美歯科で歯を補強する

ホワイトニングと同じく、通院する必要がありますが、こちらの方法も割りとメジャーです。
いわゆる差し歯にする施術です。インプラント、などとも呼ばれています。

 

この方法のメリットは、細かいメンテナンスはあるものの、一度変えてしまえば壊れたりしない限り、大きな金額が必要ない点です。

 

とはいえ始めて差し歯にする際は非常に金額がかかります。
1本10万程度という値段ですので、本当に困っていない限りはおすすめしません。

 

歯が薄くなったときのまとめ

ホワイトニングやインプラントなど、非常に金額のかかる施術ばかりになります。
なお、一度薄くなったエナメル質を元に戻すのは難しいです。

 

歯が汚れてしまったときの対処

次に歯が汚れてしまった場合の対処法になります。
多くの人の歯の黄ばみはこの汚れだと言ってもいいくらいです。

 

歯科医でクリーニング

まずは、一番簡単なのは歯科医でクリーニングを行うことです。
保険適用外ですが、PMTCという施術があります。

 

ホワイトニングと違い、歯の表面の汚れを落とすだけなので、金額もそこまで高くありません。

 

ただし、汚れは日々溜まるものです。定期的なメンテナンス・通院は必要となります。

 

着色汚れを落とす歯磨き粉を使う

一番手軽に出来て、かつ始めやすいのがこの方法でしょう。
市販・通販問わず、様々な種類のホワイトニング歯磨き粉が販売されています。

 

しかし、どれもこれもが全てホワイトニング効果に期待できるわけではありません。

 

歯の汚れまとめ

ホワイトニングなどに比べると、大きく手間がかからないのが歯の汚れ対策です。

 

歯の薄さなのか、歯の汚れなのかわからない人は、まず歯の汚れを落とすところから始めてみるのもいいでしょう。

 

わたしが使ったのはこれ!

ちゅらトゥースホワイトニング

 

わたしが歯をきれいに出来たのは、この「ちゅらトゥースホワイトニング」のおかげでした。

 

実際に使った体験談もありますので、是非読んでみてください。

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミはこちら!