ちゅらトゥースホワイトニングの医薬部外品って何?

ちゅらトゥースホワイトニングの医薬部外品ってどんなもの?

ちゅらトゥースホワイトニング

 

虫歯持ちが多いとされる沖縄で生まれた!自宅で出来る歯のホワイトニング用品「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」

 

厚生労働省も認めた「医薬部外品」とのことですが、本当に効果があるのでしょうか?
というかそもそも「医薬部外品」って何?

 

薬なの?違うの?

 

ということで調べてみました!

 

医薬部外品とは一体…?

 

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。

出展:https://ja.wikipedia.org/

 

なるほど、薬ほどは早い効き目はないけど、予防したり良くなったりするものなんですね!
製造販売する時点で承認を得る必要があるので、販売されている現時点で、ある程度の効果は国が認めてくれている、という安心感がありますね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは何に効くのか?

成分を見る限りでは…

  • 歯の着色汚れを落とす
  • 虫歯予防
  • 歯茎を健康にする
  • 歯肉炎予防
  • 口内の雑菌減少

とお口の中をとことん健康にする成分が含まれているようですが、問題は、「どの効果を国が認めたのか」ということ!
ぶっちゃけ、「歯肉炎予防」だと「看板に偽りあり!」といわざるを得ませんからね。

 

ぶっちゃけ販売元に聞いてみた!

ということでメールにて問い合わせしてみました。
大丈夫だろうか…

 

 

メールを送ってみました!

 

すると回答は・・・?

 

 

「歯を白くする、歯周炎(歯槽膿漏)の予防、
歯肉炎の予防、虫歯を防ぐ、口臭防止、
口中を浄化する、口中を爽快にする

 

これらの効果・効能が厚生労働省より期待されると認められております。」
と頂きました!

 

とは言え、「効果がある」ではなく、「効果・効能が期待できる」という点ですね。

 

やはり医薬品ではありませんので、「期待できる」のが法律的に限界のようです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、歯を白くする効果はあるのか?

 

歯を白くする、というより、汚れを落とす効果は実際にありました!

 

こちらのページで、実体験を紹介しておりますので、よければ参考にしてください^^

 

もちろん公式サイトではこうした効果・効能を期待できる成分まで、しっかりと紹介されているので、是非確認してみてください!

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの効果・効能を公式サイトで確認する!

 

医薬部外品のちゅらトゥースホワイトニングを実際に使った口コミはこちら!