歯間ブラシを使えば、口臭はなくなるのか?

歯間ブラシを使えば、口臭はなくなるのか?

ちゅらトゥースホワイトニング

 

デンタルケア・オーラルケアとして、歯科医も推奨する「歯間ブラシ・糸ようじ」

 

最近では、薬局やドラッグストアでも非常に多くの種類が販売され、糸製のものだけでなく、歯茎に優しいゴム製、耐久性に優れた金属性のものなど様々あります。

 

しかし、果たして、歯間ブラシを使っているからと言って、口臭の予防・改善には繋がるでしょうか?

 

歯間ブラシだけでは、口臭予防・改善には足りない!?

ちゅらトゥースホワイトニング

 

歯間ブラシを使ったことがある方はご存知かと思いますが、歯垢は意外と臭いです。
これが歯と歯の間にあれば、確かに口臭がするのもうなずける、というものです。

 

しかし、歯間ブラシだけでは口臭の予防・改善には不十分・足りないと言って良いでしょう。
もちろん、やらないよりはやったほうがいいのは事実ですが・・・

 

口臭の原因はひとつだけではない

口臭の原因のひとつしては、確かに歯間の歯垢も十分に考えられます。
しかし、なぜ歯垢があんなにも臭いのか、というと、それは歯垢には悪臭を放つ原因菌が住み着きやすいからです。

 

この原因菌は、酸素を嫌う性質(嫌気性菌)を持っており、歯の間を始めるとする非常に小さな隙間を好み潜んでいます。
それこそ、歯周病や歯肉炎、歯槽膿漏といった歯茎と歯の間や、初期の小さな虫歯にも住み着きやすいのです。

 

つまり、こうした原因菌の住処となる箇所を減らすこと・原因菌自体を減らすこと
この2つを同時に行わないことには、口臭の予防・改善にはなかなか結びつきづらいと考えていいでしょう。

 

口臭を改善するなら、歯磨き粉を変えろ!?

 

ちゅらトゥースホワイトニング

 

口臭を予防・改善するなら、やはり歯磨き粉を変えることが、今すぐに出来る一番の対策となります。
殺菌作用や、歯茎などの腫れを抑える抗炎症作用に期待できる成分が配合されている歯磨き粉を選ぶことが重要となります。

 

薬局などで販売されている歯磨き粉もいいですが、基本的には発泡剤や清涼剤などが多く含まれ、泡と刺激が強く、丁寧な歯磨きには適していません。
いくら有効成分が配合されていたとしても、その成分を十分に活かしきれないまま、歯磨きを終えてしまうこともあるため、あまりおすすめできません。

 

可能であれば、こうした発泡剤や清涼剤が少なく、低刺激で磨きやすい歯磨き粉を選ぶことをお勧めします。

 

⇒私のちゅらトゥースホワイトニングの口コミはこちら!

 

まとめ

  • 歯間ブラシだけでは、口臭予防・改善には不十分の可能性が高い
  • 悪臭を放つ菌が住みづらい環境を作る必要がある
  • 口内環境を整えるなら、適した歯磨き粉を選ぶべき

 

是非とも適した歯磨き粉でしっかりと歯磨きを行い、正常な口内を保って、気持ちの良い会話が出来るようになって頂きたいと思います。